&AUDITION - The Howling -

  • weverse
  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok

JPN

PERFORMER

スペシャルアドバイザー

パフォーマンスディレクター

プロデューサー・サウンドディレクター

スペシャルプロデューサー

  • Photo by Bradford Rogne

    Scooter Braun

  • ⓒKOZ ENTERTAINMENT

    ZICO

  • パン・シヒョク

    Chairman, Producer

    2021 Variety 500 2年連続選定
    2021 ブルームバーグ ❛今年の50人❜選定
    2021 Mnet アジアンミュージックアワード(MAMA) ベスト製作者賞
    2022 Billboard Power List Top25 選定
    BTS <BE>、「Dynamite」、<MAP OF THE SOUL:7>、ENHYPEN <BORDER:DAYONE>、TOMORROW X TOGETHER <minisode1:BlueHour>等製作
  • Pdogg

    Producer

    BIGHIT MUSIC プロデューサー
    2022 韓国音楽著作権協会KOMCA著作権大賞 作詞・作曲部門4年連続大賞
    2020 Mnet アジアンミュージックアワード専門部門ベストプロデューサー賞受賞
    2019 Mnetアジアンミュージックアワード専門部門ベスト作曲家賞受賞
    BTS 「Life Goes On」、「ON」、「Boy With Luv(Feat. Halsey)」、「IDOL」、「FAKE LOVE」 等作詞・作曲
  • ソン・ソンドゥク

    Performance Director

    BIGHIT MUSIC パフォーマンスディレクター
    2020メロンミュージックアワードベストパフォーマンスディレクター賞受賞
    2020 MTV Video Music Awards Best Choreography(BTS 「ON」) 受賞
    2022 GAONチャートミュージックアワード今年のスタイル賞-キャリアグラフィ部門
    BTS 「Dynamite」、「ON」、「Boy With Luv(Feat. Halsey)」、「IDOL」、「FAKE LOVE」等振付創作
  • 井上 さくら

    LAを拠点に約7年間アメリカで活動。
    ブリトニー・スピアーズ「Womanizer」、「Circus」ミュージックビデオ 振付補佐。(Main Choreographer: Andre Fuentes)
    自身が率いる「Team“S”」は、アーティストの個性を最大限に生かした演出、Teamで作りあげる唯一無二の振付に定評がある。
    幅広いジャンルの振付・演出などで活躍中。
  • Soma Genda

    アカデミックな音楽理論と類まれなるトラックメイキングのセンスでダンス・ロック・ポップス・エレクトロ・劇伴など、幅広いジャンルのプロデュースで定評を得る。
    楽曲提供したBTSの「Crystal Snow」は発売と同時に全世界約10カ国のiTunesチャート1位にランクイン。
    提供曲が収録された嵐のアルバム「Untitled」はトリプル・プラチナディスクに認定されている。
  • 今井 了介

    1995年から作曲家・音楽プロデューサーとして活動。
    1999年に手がけたDOUBLEの「Shake」のヒット以降、数多くの作品を生み出す。
    2016年にはリオデジャネイロオリンピックNHK公式ソング「Hero」(安室奈美恵) の作詞・作曲・プロデュースを経て、作曲家として更なる地位を確立。
    2019年、ラグビーワールドカップNHKテーマソング「ECHO」(Little Glee Monster)をプロデュース。
    2019年、書籍「さよなら、ヒット曲」を上梓。
    現在はアーティストの発掘・育成、コライトセッションや海外作家の発掘など、グローバルな視点での音楽制作を軸に活動の幅を広げている。
  • UTA

    日本を代表する音楽プロデューサー。
    2018年に手がけたBTSの楽曲「Don’t leave me」、「Let go」がiTunesのワールドチャート1、2位を獲得。
    2019年にはBTS「Lights」でミリオン達成、「Stay Gold」で84カ国、そして「Your eyes tell」では101カ国のiTunesで1位、ビルボード・ジャパンのHOT100で8位を獲得。
    J-POPやK-POPは勿論、全世界に誇れる音楽家として活躍している。